Connecting People & Ideas to Advance Mutual Interests in U.S.-Asia Relations

メアリー D. バイロン

メアリー D. バイロン

モーリーン・アンド・マイク・マンスフィールド財団理事会監査役

ゴールドマン・サックス・アンド・カンパニー(退職)パートナー

バイロン氏はこの度ゴールドマン・サックス 事業テクノロジー部門グローバル・ヘッドの職を退任した。同氏はテクノロジー部門エグゼクティブ・オペレーティング・リスク委員会にも所属していた。事業テクノロジー部門グローバル・ヘッド就任以前の2005年から2011年の間はアジア太平洋テクノロジー部門の主任、およびアジア太平洋ダイバーシティ委員会の共同委員長として東京に在住。1989年にゴールドマン・サックスの通信サポート部門に入社し、以来同社のグローバル・ネットワーク管理、情報技術インフラの整備などの要職を歴任。2000年から2002年に事業テクノロジー部門共同主任、2003年から2005年に事業部制のグローバル統括責任者を務めた。1999年に常務、2006年にパートナーとなる。

インウッド・ハウス企業諮問委員、ルーム・トゥ・リード・ニューヨーク理事、オーバーン神学校理事も兼任している。

1986年マーケット大学で学士号取得。