乗用車排出ガス削減のための統合的アプローチに関する日米協力

乗用車排出ガス量削減のための総合的アプローチに関する日米協力

English page

モーリーン・アンド・マイク・マンスフィールド財団は、2010年から2013年の間、ITS America との共催で日本と米国にて7回にわたる、日米交通技術および交通政策の協力に関するワークショップを開催した。ワークショップは主に、温室効果ガス(GHG)排出削減面の、技術的および政策面での日米協力の強化を重視した。ワークショップは北米トヨタ自動車の支援により実施された。

2014年4月1日、当財団は仙台で行われた最終ワークショップおよび2010年4月から実施されたワークショップの全体的な結論、政策ガイドラインをまとめた。 結論と政策ガイドラインについては、「交通技術および政策への統合的なアプローチに関する日米協力 ―環境、経済、および公共の安全に対する恩恵を評価して―」のPDF  ファイル参照。

IA Pub Jap

 

Sign me up for weekly updates

* Email
* First Name
* Last Name
Affiliation
* = Required Field