マイケル・J・グリーン

 

戦略国際問題研究所(CSIS)

上級顧問・日本部長
ジョージタウン大学外交政策学部准教授

 

戦略国際問題研究所(CSIS)上級顧問、日本部長兼ジョージタウン大学外交政策学部准教授。2004年1月から2005 年12月まで国家安全保障会議(NSC)上級アジア部長兼東アジア担当大統領特別補佐官。2001年4月にアメリカNSC日本・朝鮮・オーストラリア・ ニュージーランド担当部長就任。現在の研究テーマはアジア地域協力枠組み、日本政治、米国外交政策史、朝鮮半島、チベット、ビルマ、米印関係等。

 

日本語に流暢で、日本の国会議員事務所スタッフ、日米メディアジャーナリスト、ビジネスコンサルタントとして5年以上日本 に滞在した。これまでに、ジョンス・ホプキンス大学高等国際問題研究院(SAIS)教授、米外交問題評議会(CFR)フェロー、防衛分析研究所職員、国防 長官室アジア太平洋局上級顧問等を歴任。
フルブライト奨学金給付留学生として東京大学に留学および、MIT―Japanプログラムでマサチューセッツ工科大学研究員。米外交問題評議会、国際戦略 研究所、アスペン・ストラテジー・グループのメンバー、議会が定めた日米友好基金(Japan-U.S. Friendship Commission)副議長、Center for a New American SecurityやAustralian American Leadership Dialogueの諮問委員{こもん}、The Washington Quarterly編集委員等も務める。
ジョンス・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)修士課程修了。1994年に同博士課程修了。ケンヨン・カレッジ史学専攻卒業。ページへ戻る

Sign me up for weekly updates

* Email
* First Name
* Last Name
Affiliation
* = Required Field