ご協力のお願い/ 会員企業プログラムのご案内

ご協力のお願い

オンラインでも寄附を受け付けております

米アジア関係のさらなる発展のために

モーリーン・アンド・マイク・マンスフィールド財団の活動は財団助成、企業協賛、個人の寄付によって賄われています。「財団」という名称ではございますが、他機関への助成団体ではございません。私たちの活動は、21世紀の世界の平和と安全保障のためにはアメリカとアジアの国々との関係促進が欠かせないという、当財団の信念に賛同いただいた方々からのご支援によって成り立っています。皆様からのご寄付は金額の大小にかかわらず下記の事業に役立てられます。

  •  マンスフィールド・フェローシップ・プログラムMansfield Fellowship Programの運営と発展
  •  米アジア関係に関する重要な問題についての会議の開催
  •  米国とアジアの新しいリーダーが交流する機会を設け、地域外交に多大な影響をもたらす新たなネットワークの構築
  • アジア太平洋地域の政策に関する問題についての研究、調査
  • ニュースレター、出版物の発行

寄附はオンライン、または下記の住所までお送り下さい。

全ての寄附は法律に基づいた米国の税金控除が適用されます。

コーポレート・フレンズ・ オブ・マンスフィールド
(マンスフィールド財団会員企業プログラム)

マンスフィールド財団は、会員企業プログラムを通して企業の皆様と共に米国・アジア関係の強化、及びアジアに関わる重要問題についての対話活性化を目的として連携してきました。従来から実施してきた米国・アジア間の理解と協力のための取り組みに加え、さらに協力企業の戦略的利益に沿ったニーズに答えるため、 2014年に新たな会員企業プログラム「コーポレート・ フレンズ・オブ・マンスフィールド(CFM)プログラム」を発足しました。

企業スポンサーには米国連邦議会アジア政策ダイアログ、情報交換、ネットワーキング、自社プロモーショ ンの機会をご提供します。また、会員企業の社員の方は、新設の 「マンスフィールド財団客員フェロープログラム」へのご参加が可能です。

コーポレート・フレンズ・オブ・マンスフィールドプログラム(CFM)につ いての詳細はこちらの冊子をご覧ください。

j

現在は以下の企業様からご支援を頂いております。

チェアマンレベル:

cf_1aflac

cf_2ANA

cf_3panasonic

cf_13toyota

プレジデントレベル:

chevron_HE_V_RGB

プレミアレベル:

21CF_Logo_Master_CMYK cf_4amgen

                  cf_6hitachi1 cf_7honda                   JFNL                cf_8JR cf_9mitsubishi  MHIWebcf_11softbank cf_12sumitomo

サポーター:

cf_10mitsui

David Rockefeller

S&R Foundation copy

TIFO Logotoshiba

 

その他の協賛の機会

上記に加え、「日米宇宙フォーラム」「乗用車排出ガス削減のための統合的アプローチに関する日米協力」など、日、米、アジア地域における企業活動にとって、重要な問題に焦点を当てるプログラムをともに創り上げる方法もあります。

このようなプログラムを通じ、協賛企業と共に、米アジア関係の強化とアジアの諸問題における官民のダイアログの推進に努めて参ります。

マンスフィールド財団との協賛の機会については、下記にお問い合わせください。

マンスフィールド財団 東京事務所 <mmmf2-at-gol.com>

Sign me up for weekly updates

* Email
* First Name
* Last Name
Affiliation
* = Required Field