ロバート M. キミット

ロバート M. キミット

政府及び民間セクターにおいて国際経済、財務、法律、政策と、様々な分野で高官として活躍している。2005年から2009年にはアメリカ合衆国財務副長官を務め、その以前は駐独アメリカ大使、政府担当国務次官、米財務省官房長、国家安全保障会議の事務局長及び弁護士を歴任した。また民間セクターにおいては、Time Warner社においてグローバル公共政策部部長を務め、シリコンバレーに本拠を構えるソフトウェアのCommerce One社では取締役副会長兼社長を務めた。
米陸軍士官学校を優秀な成績で卒業し、第173空挺旅団に加わりベトナムにて任務に就き、陸軍予備軍将補として退役した。ジョージタウン大学にて学位(法律)を取得。
現在、The American Council on Germanyの議長を務め、ルフトハンザドイツ航空監査役、独アリアンツ社及び東海東京フィナンシャル・ホールディングス社の国際諮問委員を兼任している。American Academy of Diplomacy、太平洋評議会、the Arthur F. Burns Fellowship、USA Rugbyの理事会メンバー。日米欧三極委員会のメンバーでもあり、第二外国語はドイツ語。

Sign me up for weekly updates

* Email
* First Name
* Last Name
Affiliation
* = Required Field