フランク・ジャヌージ

フランク・ジャヌージ 氏略歴
モーリーン・アンド・マイク・マンスフィールド理事長・最高経営責任者。

 

以前は、アムネスティー・インターナショナル米国 事務局次長(政策・研究アドボカシー)として、人権擁護・個人と地域社会の安全・非合法に逮捕投獄された政治犯の釈放をすすめる法令や政策を形成、促進した。

1997 年から2012 年まで、米国上院外交委員会東アジアおよび太平洋地域担当の政策部長として、同委員会委員長のジョゼフ・バイデン氏やジョン・ケリー氏に、米国と同地域間の安全保障、政治、経済、人権等、広範な問題について提言を行ってきた。同外交委員会所属の2006 年から2007 年、外交問題評議会の日立国際問題フェローとして、東京の公益財団法人世界平和研究所訪問研究員および慶應義塾大学客員講師として、日本滞在。

米国上院外交委員会在籍前は、米国国務省情報・調査局アナリストして、9 年間勤務。

ジャヌージ氏は、エール大学で歴史学の学位、ハーバード大学ケネディー行政大学院で公共政策修士取得。同氏は、妻のジェニファー・マーティン博士と2人の娘ゾーイとカミールと共にバルティモア在住。

 

Sign me up for weekly updates

* Email
* First Name
* Last Name
Affiliation
* = Required Field