チャールズ・D・フェリス

1981年からミンツ・レビン・コーン・フェリス・グロフスキー・ポペオ法律事務所ワシントンDCのパートナー。主に通信と連邦関係法を扱う。1977年 10月から1981年4月まで、連邦通信委員会(FCC)会長を務めた。会長就任前、米国法務省で法廷弁護士を、1964 年から1977年までは米国上院民主党政策委員会の法務顧問、マイク・マンスフィールド上院多数党首の主席顧問を務めた。また、1977年には米国下院議 長トーマス・P・オニール・ジュニアの法務顧問も務めた。1954年にボストンカレッジで学位を、1961年に同大学ロースクールで法学博士を取得、ロー レビューのメンバー。1978年に同大学の名誉法学博士を取得。

Sign me up for weekly updates

* Email
* First Name
* Last Name
Affiliation
* = Required Field