ジェラルド L. カーティス

ジェラルド L. カーティス

コロンビア大学政治学教授を務め、元コロンビア大学東アジア研究所所長、東京財団名誉研究員でもある。日・英の書物を数々出版しており、代表作に『政治と秋刀魚――日本と暮らして四五年』、『永田町政治の興亡』、『「日本型政治」の本質――自民党支配の民主主義』、『代議士の誕生――日本保守党の選挙運動』などがある。世界中のニュースコラムでも活躍している。日本語が堪能であり、日曜の討論番組にゲストとして何度も出演する。

過去には王立国際問題研究所(ロンドン)、コレージュ・ド・フランス(パリ)、リークアンユー公共政策大学院(シンガポール)、慶応大学、早稲田大学、経済産業研究所、政策研究大学院大学、国際社会経済研究所に務めていた。

これまでに中日新聞特別功労賞、大平正芳記念賞などを始め、様々な賞を受賞している。2001年には国際交流基金賞、そして2004年には日本政府の最も名誉のある賞の1つである旭日重光章を授与した。

日米議員交流プログラムの委員長、ニュースウィークジャパンの特別アドバイザー、国際交流基金、日米財団、American Academy of Political Scienceの理事アドバイザー、朝日新聞の国際諮問委員会のメンバーとしての経験を持つ。現在はジャパン・ソサエティ―と日本国際交流センターの役員、そして日米カウンシルの顧問を務める。学位としては、1968年にコロンビア大学からPh.D.を取得している。

Sign me up for weekly updates

* Email
* First Name
* Last Name
Affiliation
* = Required Field